the audio pool

Profile

Vo./Gt.  大森 剣作
Piano/Key.  白井 翔大
Gt.  櫻田 真也
Ba.  Nave
Drs. 野代 昂翔

5Piece Power POP Orchestra

the audio pool

TwitterFacebook もやってます!

詳細 >>

Player

Live

Liveはまだありません。

QR(Mobile)

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Profile


the audio pool (official Twitter / Facebook )
Vocal/Guitar  大森 剣作 ( Twitter / Facebook )
Piano/Keyboard  白井 翔大 ( Twitter / Facebook ) 
Guitar/Synthesizer  櫻田 真也 ( Twitter / Facebook ) 
Bass/Glockenspiel/Chorus  Nave ( Twitter / Facebook ) 
Drums 野代 昂翔 ( Twitter / Facebook )
 
 
2009年結成 男女混合5人組ピアノロックバンドとして千葉、都内を中心に活動する。
2010年、自主制作1stEPを会場限定にて発売。好評にて現在販売終了。
2011年、Binyl records内のインディーレーベルPOPTOP、老舗ギターロックレーベルUND­ER FLOWER、ZENITHのトリプルネーム主催のコンピレーションアルバムに1st­EPの「watershed」で参加する。
2012年3月、POPTOP/UNDER FLOWERのダブルネームで1stALBUM「into the pool」を発売。
このアルバムより「watershed」がテレビ東京系ドラマ24「撮らないでくださ­い!!グラビアアイドル裏物語」のエンディングテーマに使用される。
2月~6月、全国16箇所をまわるツアーを行う。
同年9月、ギターとベースの2名脱退。
10月よりサポートメンバーを加えライブ活動再開。千葉を中心に関東圏内にて活動。
 
2013年3月サポートメンバーが正式に加入。男5人組となる。
9月、約1年半ぶりに新しいメンバーとして初の2ndEP「Reunion」を自主制­作にて会場限定で販売開始する。
それに伴いアメリカ8箇所、ファイナルの千葉LOOKワンマンライブを含むワールドツアーを敢行。
特にアメリカツアーでは持参した150枚のCDを完売させるほどの盛り上がりを見せた。
 
2014年本格的に都内に進出。
3月、rhyzmicaとのツーマンライブを恵比寿club AIMにて企画しsold outとなる。
5月、渋谷、千葉交互に行っている定期自主企画「Attack on Hobbit 」の第一回「Attack on Hobbit ~1st Episode~」を渋谷TSUTAYA O-Crestにて開催し大盛況で終える。
 
夏には再び関西、関東各地へツアーを回る(Frankensteiner Tour 2014)
秋には大学学園祭ツアー(全5箇所5公演)へ。各地の学生達にもその存在を知らしめた。
 
2015年始より2nd Album制作に取りかかり、
9月に2nd Album ”Escape from the World”を全国リリース。
それに伴い全31本の全国ツアー”The Broken leg”を開始。
2016年4月24日にツアーファイナルとして
千葉PARCO屋上野外特設ステージにて無料野外音楽フェスを行い約300人を動員。

哀愁漂う歌詞、実直に聴き手の心をストレートに打つ歌声。
それを時には楽器を持ち替えエレクトリック、アコースティック等様々な手法でその曲の情景をよりリアルに表現する。
その音楽スタイルを本人達は新しい意味で”パワーポップオーケストラ”
と銘打った。

2016年の音楽シーンで最も注目すべき存在。
5Piece Power POP Orchestra the audio pool
今日も音楽を響かせ続ける。